退職金が高い電機メーカー求人

電機メーカーの転職TOP >> 条件別の電機メーカー求人 >> 退職金が高い

退職金が高い電機メーカー求人

日本人は長寿化が進んでいて、定年退職してからも20年とか30年は生活し続ける人も珍しくはありません。そこで問題になるのは、老後の生活資金をどう確保するかということです。貯蓄が十分できればいいですが、子どもの生活費とか住宅ローンの返済などに追われるとどうしても十分な資金を定年までに確保できないケースも出てきます。そこで転職するにあたって、退職金をたくさんもらえるところと思っている人もいるでしょう。電機メーカーについてですが、退職金を出すところもあれば出さない所もあります。退職金は別に法律などで出さなければならないと決められているわけではなく、会社の任意によります。ですから退職金を出す出さないは、電機メーカー業界でも対応は様々です。

個別の電機メーカーの退職金に関する対応はホームページなどの福利厚生を見てチェックすればいいです。しかし退職金を出す会社は減少傾向にあるようです。厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況の中で退職給付制度の有無について企業に調査をしているのですが、平成25年のデータによると75.5%が退職金給付制度を有していると言います。逆に言えば日本企業の4社に1社は退職金を出していないことになります。ちなみに平成5年の調査によると92%の企業が退職金給付制度を導入していたので、どんどん減少していることが分かります。

ちなみに規模別で見ていくと、正社員100人未満の企業は72%・1000人以上の企業は93.6%となっているので、大企業の方が退職金を給付している可能性は高いでしょう。また最近では外資系の電機メーカーも多くありますが、外資系の場合退職金制度を導入している所は少ないと思った方が良いです。

電機メーカーの求人情報を見るにあたって、給料がどの程度支給されるか気になる人は多いはずです。他の電機メーカーと比較して、給料の良い所だとそこに応募したいと思うかもしれません。しかしこのような電機メーカーの場合、退職金の出ない可能性があります。というのも給料が高いのは、定年後退職金として支給するお金を頭割りにして上乗せしているかもしれないからです。給料が良いと思って転職したところ、退職金がなにも出なかったでは困るので、給料が高くて気になる電機メーカーがあれば、退職金は出るのか事前に確認しておくと良いでしょう。退職金は勤続年数に応じて支給額が決まるので、採用された時点では具体的な金額は提示されないことが多い点も理解しておきましょう。

電機メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 電機メーカー求人ランキング All Rights Reserved.