転勤なしの電機メーカー求人

電機メーカーの転職TOP >> 条件別の電機メーカー求人 >> 転勤なし

転勤なしの電機メーカー求人

電機メーカーに転職するにあたって、いろいろと心配なことがあるかもしれません。その中でも転勤があるかどうかを気にする人は多いです。独身であればあまり気にならないかもしれませんが、家族がいると一緒にいろいろと移動するのはちょっと…という人もいるでしょう。結論から言ってしまうと、ローテーションで何年かに1回くらいのペースで頻繁に転勤する人もいれば、全く転勤のない人もいます。

一般的な傾向として、営業職の場合転勤を命じられる可能性は高いでしょう。営業はどの業種でも転勤が頻繁に起こる職種と言われています。その理由として、癒着を防ぐためとされています。何年も同じところで営業活動をしていると、取引先と顔なじみになります。親しくなって、そこで何かよからぬことを考える恐れも高まります。そこまでいかなくても長く付き合いがあればどうしても情が湧いてくるので、多少メーカーに不利な条件となっても手心を加えてしまうといったことは起こりえます。このような会社にとってマイナスになる事態を回避するために、数年ごとの転勤を命じる傾向があります。

一方技術系の職種で電機メーカーに転職した場合、転勤はそう何度も起こらないと言っていいでしょう。特に開発職の場合、日本全国に研究所を展開している所は大手電機メーカーでも少ないです。職場がもともと限定されているので、転勤の可能性は低いです。ただし工場勤務の場合、場合によっては転勤、しかも海外に行くように言われる可能性はあります。大手電機メーカーを中心に海外に工場を展開していることもままあります。そこで現地の人に技術指導をするとか、現場の監督をするために海外勤務を命じられる可能性はあります。ただし海外勤務をするのは管理職扱いなので、それなりのキャリアがないといけません。そこで、転職して5年とか10年経過して、十分にそのメーカーの仕事の流儀とかキャリアを積んでから出ないと転勤を命じられることは少ないでしょう。

中途採用された場合、入職前に給料などの待遇面などいろいろな話し合いを先方と行う形になります。その中で、どのようなキャリアプランを希望しているかについてもいろいろとヒアリングされます。この時に例えば転勤を極力避けたいのであれば、上司や人事担当者にきちんと伝えておくことが大事です。特に家族がいるので頻繁に引越しをするのは避けたいという事情であれば、極力汲み取ってくれることが多いです。転職前にチェックすることも大事ですが、入職後も上司とコミュニケーションを密にとることがポイントです。

電機メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 電機メーカー求人ランキング All Rights Reserved.