開発職の電機メーカー求人

電機メーカーの転職TOP >> 条件別の電機メーカー求人 >> 開発職

開発職の電機メーカー求人

日本の電機メーカーの製造する商品ですが、優れた技術力と品質の高さは世界中で広く認識されています。しかし今では世界のマーケットで日本の技術力だけでは優位さを保てない状況になっています。その理由としてしばしば経済の専門家から指摘されるのが、商品力に劣るというものです。具体的には商品開発するための企画力と言われています。つまり消費者がどのような商品を求めているのか、それを具現化するためにはどうすれば良いのかということです。このため、商品開発に携わる人材が電機メーカーでは強く求められます。

商品開発系の電機メーカーの募集を見てみると、若い世代を対象にした募集が目立ちます。商品開発の経験が十分でなくても、ポテンシャル採用をしています。これも日本の世界のマーケットで戦うにあたって弱点と言われていた商品開発力の強化と密接に関係しています。若い世代は年齢が上の人と比較して、トレンドに対して敏感な傾向があります。またこれからの時代を生きていくにあたって、どのような商品が必要か、皮膚感覚で分かっているはずです。そのような人材を積極的に獲得して、今の人たちの求めている商品をいち早く提供できるような体制を整えています。

ですから商品開発に興味があるけれども、まだ十分なキャリアがない、異なる分野で仕事をしていて、商品開発系の実務経験が全くないという人でも採用される可能性はあります。実際商品開発系の案件を見てみると、大学とか大学院卒業以上の学歴を求める案件が見られます。しかし実務経験は問わない、中には第二新卒でも歓迎するような案件も時折出ています。これからの人材を確保して、自分たちの会社で育成していこうと考えるメーカーも増えてきています。

商品開発系の求人に応募するのであれば、まず実務経験が全くないとか不十分であれば、「どうしてもこの会社の開発職で仕事をしたい」ということを履歴書などでアピールすることです。実務経験でアピールできるものがなければ、熱意でアピールするよりほかないからです。どのようなことをきっかけにして開発系の仕事を志すようになったのか、具体的なエピソードを踏まえながらアピールしてみると良いでしょう。また自分が3年後とか5年後、どのような仕事に携わっていきたいのか、キャリアプランを作成するのもいいでしょう。将来のことを具体的に考えていることは、それだけ開発職について真剣に考えていることの証左になるからです。

電機メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 電機メーカー求人ランキング All Rights Reserved.