50代向けの電機メーカー求人

電機メーカーの転職TOP >> 条件別の電機メーカー求人 >> 50代向け

50代向けの電機メーカー求人

電機メーカーへの転職は30代半ばごろから徐々に厳しくなっていくといわれています。そして50代に差し掛かってくると、かなりその道は険しくなると思っておいた方が良いでしょう。まず50代になると定年が目の前に迫っています。そして50代になっている人を雇うとなれば、それなりの待遇で受け入れる必要があります。このようなことを考えると、何も無理してそれほど長く勤務できない50代を雇うのであれば、もっと若い人材をとってじっくり育てていった方が良いのではないかという話になるわけです。ただし50代の方が絶対に電機メーカーに転職できないわけではないです。たとえば、今までのキャリアの中で目を見張るようなものがあれば、採用したいと考えるメーカーもきっと出てきます。

通常転職というと、自分で情報収集をして、めぼしい案件があれば応募して採用されるというパターンが多いです。しかし50代の転職になるとこのように自分から積極的に動いて転職先を確保するというスタイルはあまりとりません。どちらかというと、受け身スタイルで転職活動を進めていくことになるでしょう。具体的には、ヘッドハンティングなどの形で会社の方から「ウチに来ませんか?」という感じで誘いをかけてきて、それに乗るパターンです。そのためには、相手に「オッ」と思わせる経歴がやはり必要になってきます。たとえば管理職を長年経験していて、マネージメント能力に長けているとか、日本でもそう何人といないような電機メーカーで使えるような専門スキルを持っているなどです。このようなものがないと、なかなかお呼びはかからないでしょう。

50代で電機メーカーに転職したケースを見てみると、ある特定のパターンのあることがわかります。たとえば、以前勤めていたメーカーから早期希望退職などのあおりを受けて離職を余儀なくされたとします。すると同業他社のライバル企業から、同じような部門で仕事をしてみないかという誘いを受けるというものです。また業績悪化などの理由でリストラにあったけれども、電機メーカー業界が持ち直して事業拡大をするために募集を積極的に出すこともあります。そしてリストラに遭ってしまったような中高年でも、それまでの豊富なキャリアを注目されて、他のメーカーに拾ってもらえたという事例もあります。

50代になると、それまでに豊富なキャリアを生かして人脈もそれなりにあるでしょう。この人脈を使って再就職できたという事例もあるので、求人サイトなどを活用するだけでなく、いろいろな方法で転職先につながっていかないか試行錯誤してみることです。

電機メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 電機メーカー求人ランキング All Rights Reserved.