電機メーカーの離職率

電機メーカーの転職TOP >> 電機メーカーの転職の基礎 >> 電機メーカーの離職率

電機メーカーの離職率

電機メーカー全体の離職率を見てみると、業種別でみた場合、低いと言えます。新卒からの3年離職率を見てみると、工業・砕石・砂利採取業とともに離職率はトップクラスで低いです。離職率の高い業界として、教育・学習支援業や宿泊業・飲食サービス業などがあるのですが、離職率の高い業種と比較すると電機メーカーの離職率の低い理由が見えてきます。まずは待遇についてです。電機メーカーの20代前半の平均年収を見ると、300〜350万円といったところです。これは業種別でみると恵まれていると言えます。ちなみに離職率の高い業種を見てみると、教育・学習支援業が280万円、宿泊業・飲食サービス業が250万円弱となります。電機メーカーの年収のかなり恵まれていることがお分かりになるでしょう。

また離職率の高い職場は、ハードである傾向もみられます。先ほど紹介した教育・学習支援業や宿泊業・飲食サービス業を見てみると、週休1日という所も決して珍しくはないです。電機メーカーの場合、時には残業や休日出勤を求められることもあるかもしれませんが、たいていの所が週休2日制を導入しているでしょう。研究職や工場勤務となると少し難しいかもしれませんが、それ以外の職種であれば、土日祝日休みのようなカレンダー通りの休みをとれる可能性も高いです。その他にも電機メーカーを見てみると大手を中心として、OJTとか研修などを充実させて、経験のあまりない人でも仕事できるような育成体制が整備されています。このような労働環境の良さが、電機メーカーの離職率の低さを反映しているのでしょう。

また電気メーカーで働くことのやりがいにも関係しますが、公平に勤務評価してくれる会社の多い所も離職率の低さに関係しているようです。ある転職サイトが転職理由についてアンケートをとったところ、職場の人間関係とともに給料などの待遇に対する不満が多かったそうです。電機メーカーを見てみると、評価をする上司と部下でまず業務の目標を共有します。そしてその結果についてお互いが納得できるような評価の下るようなシステムを確立している会社が多いです。上司の心情的なお気に入りで給料がアップするとか、個人的に気に食わないからだけで優秀な社員の給料が上がらないといったことが起こりにくいです。

このように自分のやったことを正当に評価してくれる会社の多いのは、電機メーカーの魅力と言えます。仕事に対するモチベーションを高く維持できるので、離職率が低く推移するわけです。

電機メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 電機メーカー求人ランキング All Rights Reserved.