電機メーカーの転職と自己PR

電機メーカーの転職TOP >> 電機メーカーの転職の基礎 >> 電機メーカーの転職と自己PR

電機メーカーの転職と自己PR

電機メーカーに転職するにあたって、自己PRをいかにうまくまとめるかというのがポイントになります。電機メーカーに転職する場合の自己PRですが、まずその人の持っているスキルが見られます。電機メーカーで中途採用する場合、若い人を中心としてポテンシャル採用をするケースもあるにはあります。しかし大半の案件は、即戦力になるような十分なキャリアを持っていることが条件となります。

そこで電機メーカーに対して自己PRをするのであれば、自分にどのようなスキルがあるかをしっかりアピールすることです。もし技術系であれば、開発経験を中心にアピールしていきましょう。この時どのような規模の開発を手掛けたことがあるのか、どのようなプログラミング言語を用いるのか、そして開発の時に特許をとったのであれば、どのようなものを何件とったかをアピールしてみましょう。その他にはエンジニアの中には、自分の持っているスキルについてブログなどでまとめているケースもあります。面接試験を受ける前に自分のブログのURLを相手に教えて、ブログを見てもらうとお互いのどの程度のスキルを持っているか共有しやすくなるでしょう。

営業などの案件に応募する場合も、今までの経験について自己PRしましょう。この時客観的な事実でどのような実績を持っているかアピールすることが大事です。例えば自分が営業担当した商品の売上がどの程度アップしたのか、社内で営業成績がどうだったかなどでアピールできる材料がないか考えてみましょう。「頑張った」のような抽象的で主観的なアピールは相手にあまり伝わりません。できるだけ数値を全面的に使って、自分のスキルや実績をアピールしていくことが大事です。

エンジニアの方が電機メーカーに応募する場合、もう一つ重要なポイントとしてチームワーク力を持っているかどうかがあります。電機メーカーのエンジニアを見てみると、個人プレーで業務することは少ないです。何人かでチームを組んで商品の開発を進めていくことが多いです。そこで過去どれくらいの規模のプロジェクトに参加した経験があって、どのようなポジションで仕事をしたかをまとめておきましょう。30代中盤から後半になってくると、プロジェクトに参加したことがあるだけでなく、リーダーなどのマネージメント担当したことのある人材が求められます。この場合、何名くらいのチームのリーダーを担当したことがあるのか、海外や地方など遠方にいるメンバーとどのようにコミュニケーションをとったかなどをアピールしてみると良いでしょう。

電機メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 電機メーカー求人ランキング All Rights Reserved.