電機メーカーの転職と志望動機

電機メーカーの転職TOP >> 電機メーカーの転職の基礎 >> 電機メーカーの転職と志望動機

電機メーカーの転職と志望動機

電機メーカーの中途採用に応募するにあたって、志望動機は結構重要なポイントを占めます。電機メーカーの中にはポテンシャル採用と言って、20代のまだキャリアの十分でない人材を育成するという意味合いで採用することがあります。ポテンシャル採用の場合、そもそもその人にアピールできるキャリアはないでしょう。そうなってくると「どうしてもこの会社で仕事をしたい」という熱意をアピールする必要があります。このため、履歴書や面接試験の場で志望動機が重視されます。またそれ以上のキャリアを持った人でも、いかにそれまでの実績が素晴らしくても熱意がなければ採用されない可能性もあるので、志望動機をおざなりにしていいわけではないです。

電機メーカーの志望動機として、新フラを支えているという社会的な使命というのはポイントになるでしょう。電機メーカーの製造している家電や工場などで使われている産業機器などは、私たちの生活や経済活動を営んでいくうえでもはや欠かせません。東日本大震災では、東北や関東地方で停電が起きました。この時に大変不便な思いをした人も多いでしょう。普段何気なく使っている家電製品が、実は私たちの生活に欠かせないものであると改めて認識したのではありませんか?そのような私たちの生活を下支えできるような電機メーカーに転職したいというのは、熱意をアピールするにはもってこいでしょう。

電機メーカーですが、今ではグローバル化もどんどん進んでいます。海外の家電製品もどんどん日本に入ってきています。また日本製品が海外にどんどん輸出されています。以前ほどではなくなっているといわれていますが、日本の電機メーカーの海外における競争力は強いものがあります。特に日本の電気機器の品質の高さは世界中で評価されています。グローバルなフィールドで活躍してみたいと思っている人にとって、電機メーカーへの転職はうってつけでしょう。そのような海外への想いを志望動機でどんどんアピールしてみるのも一つの方法といえます。

家電製品を取り扱っている電機メーカーの場合、単純にそのメーカーの製品を普段愛用しているからというのも志望動機として意外と有効です。志望動機について、電機メーカー業界で仕事をしたい熱意は伝わってくるけれども、他のメーカーを差し置いて応募している所で働きたいという説明が不十分な志望動機は意外と多いです。そこで「昔から御社の○○を使っていて、今度は作る側に回ってみたいと思いました」というのは、その会社に入って仕事をしたいという説明になりえます。

電機メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 電機メーカー求人ランキング All Rights Reserved.