電機メーカーの転職と面接対策

電機メーカーの転職TOP >> 電機メーカーの転職の基礎 >> 電機メーカーの転職と面接対策

電機メーカーの転職と面接対策

電機メーカーに転職する際に、面接試験の結果が採用に大きく影響を与えます。面接試験ではいかに相手に理解してもらえるような説明を心がけましょう。電機メーカーの面接試験では、人事担当者が面接官となるでしょう。電機メーカーで長年仕事をしていれば、一般の方と比較すると電気機器についての知識を持っているかもしれません。しかしそれでもエンジニアのような専門知識を持っているわけではないのです。このため、特にエンジニアのような技術系の仕事に応募するためには技術に詳しくない人を相手にしてアピールすることを念頭に置きましょう。あまり専門用語を含めないように、自分の実績や技術力を伝えるように心がけることが大事です。

電機メーカーの中途採用に限ったことではありませんが、面接試験では皆さんがそれまでに提出した履歴書や職務経歴書の内容をもとにして、いろいろと質問します。中途採用の場合、皆さんの今までのキャリアを重視するので職務経歴書に書かれている内容をベースに質疑応答のされることが多いでしょう。そこで職務経歴書をどう作成するかが、面接試験に影響を与えます。面接官がいろいろと質問しやすいような内容にまとめましょう。そのためには、職務経歴の中でも自分が最もアピールしたいところがどこなのかを明確に見ている人がわかるような内容にすべきです。

面接を受ける場合には、常に冷静であるべきであることを頭に入れておきましょう。電機メーカーの質疑応答の中には、意外な角度から質問を仕掛けてくることもあります。たとえば実際に質問されたとインターネットで紹介されている質問に、「自分のことを漢字1字で表すと?」という質問があったといいます。このような質問は面接対策を入念に行っていても、想定していないこともあるでしょう。すると一瞬答えにつかえてしまます。想定外の質問をされると、人間は本性が出てしまうものです。そこを見たいと思って、意外なところから質問をしてくることがあります。

意外な質問をして、答えがすぐに準備できなかったとしても、あわてる必要はありません。まずは相手が聞いてきた質問を頭で理解しましょう。その上で答えを見つけ出し、返答をしましょう。多少間が空いたとしても、それほど大きなマイナスにはなりません。むしろ早く返答しようとすると焦って、おかしな回答をしてしまう恐れが高いです。自分はいかなる場合でも冷静にいられることをアピールするように心がけましょう。

電機メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 電機メーカー求人ランキング All Rights Reserved.