電機メーカーの採用基準

電機メーカーの転職TOP >> 電機メーカーの転職の基礎 >> 電機メーカーの採用基準

電機メーカーの採用基準

電機メーカーの中途採用を見てみると、開発や製造に携わる技術系と販売に携わる部門とに大別ができるでしょう。開発・製造に関する中途採用を見てみると、やはり募集している分野におけるキャリアを持っているかどうかが採用基準のポイントになるでしょう。即戦力を求める傾向がありますので、関連する実務経験を持っているのであれば、どんどん積極的にアピールしていきましょう。そのような製品の開発などに携わって来たか、具体的にどのようなポジションで仕事をしたか、どのような努力をしたか、担当した結果何を得たかなども細かく説明することで相手も納得しやすくなります。

新製品開発や素材研究などの部門の場合、学歴も関係してくる可能性が高いです。大学だけでなく、大学院に進学してよりハイレベルな専門知識を勉強してきた人の方が採用される可能性は高いです。プラス、他のメーカーなどで研究実績を有している人は、その部分もアピールすれば、即戦力として採用される道も広がるでしょう。

販売系の部門に関しては、営業経験者を中心として採用する傾向があります。ただし営業と言っても電機メーカー以外のジャンルからも広く募集しているところが多いです。食料品とか建築などの別ジャンルの営業経験を有している人で、電機業界にチャレンジしてみたいと思っているのであれば、求人情報を探してみる価値はあるでしょう。また一部案件を見てみると、営業未経験者とか第二新卒でも歓迎する案件も見られます。もし営業をしたことはないけれどもやってみたいと思っているのであれば、電機メーカーの募集をチェックしてみると良いでしょう。しかし営業未経験者の場合、長期的なキャリア形成をする意味でも20代を対象にしていると思っておきましょう。

電機メーカーに採用されるかどうかは、最終的に面接試験の結果次第です。ここで注意したいのは、論理的に話を進めるように心がけることです。電機メーカーの採用情報を見てみると、論理的思考力を持った人物を求めていると書かれている企業がいくつかみられます。そこでいろいろと面接官から質問されるでしょう。この時に「こうこうこうだから自分はこうだと思います」のように、相手に納得してもらえるような説明を心がけることが大事です。そのためには、やはり面接試験前に自分で質問のシミュレーションをして、定番の質問にはすぐに答えられるように回答を準備しておきましょう。そうすれば、当日あたふたすることもなくなります。

電機メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2017 電機メーカー求人ランキング All Rights Reserved.